東京都知事選の選挙ポスター掲示板に、「表現の自由への規制はやめろ」との文言とともに、裸同然の女性のポスターを張ったとして、警視庁は20日、都迷惑防止条例違反の疑いで候補者に警告した。SNS(交流サイト)などで批判が高まり、識者らは「一方的に性的画像を見せるのは暴力的だ」と指摘した。

 「選挙は民主主義の根幹なのに、本来の目的でないことに使われていないか」。性教育などについて発信している「#なんでないのプロジェクト」の福田和子代表は批判する。子どもらへの影響を懸念し「一方的に見せるのは暴力的」と述べた。

 候補者は21日午前、取材に対し「どんなものでも嫌がる人は嫌がる」とした。