地方公務員の手当も過少支給に 不正調査、3300万円追加給付

 厚生労働省による毎月勤労統計の不正調査が原因で、地方公務員の育児休業手当金や、公務中のけがで休業した際の補償金などが過少支給されていたことが18日、総務省への取材で分かった。不正調査が始まったとされる2004年までさかのぼって追加給付が必要で、総額は3300万円と推計している。

 推計額の内訳は、各地の地方公務員共済組合が支給する育児と介護の休業手当金が1200万円、地方公務員災害補償基金(東京)が支払う休業補償などの公務災害補償が500万円、各自治体の退職手当が1600万円。いずれも毎月勤労統計によって支給額が変動する。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索