不正「組織的隠蔽」認めず 勤労統計で監察委調整

 毎月勤労統計の不正な抽出調査の経緯などを再調査している厚生労働省の特別監察委員会(樋口美雄労働政策研究・研修機構理事長)が、焦点となっている組織的隠蔽を改めて認めない方向で調整していることが21日、分かった。来週にも報告書を発表する見通し。

 関係者が取材に対し「幹部が不正を隠すよう指示したとは認められない」と明かした。

 勤労統計では東京都の大規模事業所で2004年から本来の全数調査ではなく不正な抽出調査を行っていた。厚労省は18年1月から全数調査に結果を近づけるためのデータ修正をひそかに実施。マニュアルも作成され、組織的な関与が疑われてきた。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索