平成文書、公開は24年以降 政府、保存期限5年延長

 内閣府は20日、1989年1月に元号を「平成」に改めた際の過程を記した公文書について、今月末までの保存期限を5年間延長すると決めた。保存期限を過ぎた文書は原則公開となるため、延長しなければ5月1日の改元に支障が生じかねないと判断した。公開は2024年4月以降に先送りされる。

 内閣府の酒田元洋総務課長は記者会見で「改元後も事務作業上、保存している文書を参照する機会が見込まれる。5年間は持っておく必要がある」と説明した。保存期限を再延長する可能性については「その時点で考える」と含みを持たせた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索