首相、衆院補選で大阪入り 自民候補応援

首相、衆院補選で大阪入り 自民候補応援

 安倍晋三首相(自民党総裁)は20日、衆院大阪12区補欠選挙(21日投開票)の党公認候補を応援するため大阪府を訪れ、街頭演説に臨んだ。今回の補選で首相が応援に立つのは初めて。四條畷市で「経済を成長させ、税収を子育て世代に振り向けてきた。10月には幼児教育・保育の無償化を行う」と訴えた。

 遊説後、6月に大阪で開く20カ国・地域(G20)首脳会合の会場も視察する。

 大阪12区補選には無所属元職の宮本岳志氏=共産、自由推薦、日本維新の会新人の藤田文武氏、無所属元職の樽床伸二氏、自民党新人の北川晋平氏=公明推薦=が立候補している。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索