仏大統領、日本の主権尊重と表明 ゴーン前会長捜査、首相と会談で

仏大統領、日本の主権尊重と表明 ゴーン前会長捜査、首相と会談で

 【パリ共同】安倍晋三首相は23日(日本時間同)、フランスのマクロン大統領とパリの大統領府で会談した。前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告に関する司法判断について、大統領府当局者はマクロン氏が日本の主権を尊重すると表明したと明らかにした。首相は日本の事件捜査に関し「厳格な司法審査を経て行われる」と説明した。ノートルダム寺院(大聖堂)大火災に対する見舞いと、寺院修復への支援の意向を伝えた。

 日産とフランス自動車大手ルノーの提携も取り上げられた。大統領府側によると、日産とルノーの企業連合を尊重することで一致した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索