大阪都構想巡り維新と公明が協議 制度案取りまとめ協力要請

大阪都構想巡り維新と公明が協議 制度案取りまとめ協力要請

 大阪維新の会代表の松井一郎大阪市長と公明党大阪府本部代表の佐藤茂樹衆院議員が19日、大阪市を廃止し特別区を設置する「大阪都構想」への対応を巡り市内で会談した。松井氏は佐藤氏に対し、都構想に賛成し、1年後をめどに府市の法定協議会で制度案を取りまとめられるよう協力を要請した。関係者が明らかにした。

 吉村洋文大阪府知事や双方の府議、市議ら、法定協と両議会の当事者も同席した。会談後、出席者の一人は「前向きな議論だった。都構想に関し、建設的に考えていこうということだ」と話した。さらに協議を続ける可能性もあるとしている。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索