改憲、年金、子育て…、公約訴え 党首ら各地で

改憲、年金、子育て…、公約訴え 党首ら各地で

 「野党の主張は具体的ではない」「与党の過半数割れを」。参院選が公示された4日、各党の党首らは午後も各地で街頭演説などを行い、改憲や年金、子育てなどの公約を訴えた。

 「国会議員としての責任を放棄している」。第一声を上げた福島市から仙台駅前へ移った自民党の安倍晋三総裁。憲法に自衛隊を明記するなどの改憲案に触れ、憲法審査会の開催に応じない野党を非難した。老後資金2千万円問題を巡っては「野党の主張は全く具体的ではない。政策によっては年金を増やすことができる」と強調した。

 連立政権を組む公明党の山口那津男代表は、東京都大田区で街頭演説に立ち「党の代表として全国を駆け巡り、仲間の候補者を当選させるよう応援していく」と声を張り上げた。

 立憲民主党の枝野幸男代表は千葉、神奈川両県を回った後、東京・有楽町へ。足を止めたサラリーマンや買い物客らに「人口減少、超高齢化という大きな変化の中にいる。変化に合わせた政治をつくるには、民主主義そのものをバージョンアップさせなければ」と訴え、「その先頭に立つ決意だ」と拳を握りしめた。

 「単なる批判ではなく解決策を示していく」と語り掛けたのは、国民民主党の玉木雄一郎代表。東京・池袋駅前で「子育て、介護の問題に当事者意識を持って取り組む」。共産党の志位和夫委員長は大阪・梅田で、今回の選挙について「9条改憲を許して良いかどうかが本当の争点だ」と訴えた。

 日本維新の会の松井一郎代表は大阪市長の公務で午後は市役所に登庁し「自民党をぴりっとさせるため、まずは単独過半数割れ、さらに与党での過半数割れとなるような数を持ちたい」と議席増に意欲を示した。大分市で比例代表候補の決起集会に参加した社民党の吉川元・幹事長は「暮らしを破滅の淵に追いやろうとしている今の政治に終止符を打つ」と気勢を上げた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索