東京の丸川氏が最多114万票 選挙区当選、18万票が最少

東京の丸川氏が最多114万票 選挙区当選、18万票が最少

 参院選の選挙区で最も多くの票を獲得したのは東京(改選数6)の丸川珠代氏(自民)で、114万3千票だった。一方、当選者の最少得票は山梨(改選数1)の森屋宏氏(自民)で、18万4千票だった。

 丸川氏に続く2位は91万7千票だった神奈川(改選数4)の島村大氏、3位は82万8千票だった北海道(改選数3)の高橋はるみ氏で、いずれも自民候補が占めた。

 当選者のうち森屋氏の次に得票が少なかったのは、佐賀(改選数1)の山下雄平氏(自民)で18万6千票だった。

 落選候補の最多得票は、49万6千票を獲得した東京の山岸一生氏(立憲民主)。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索