全国知事会の会長に徳島・飯泉氏 無投票当選が決定

 全国知事会の上田清司会長(埼玉県知事)の退任に伴う次期会長選は23日、候補者の推薦が締め切られた。推薦されたのは徳島県の飯泉嘉門知事だけで、無投票での当選が決まった。9月3日の全国知事会議で正式に選出される。

 飯泉氏は総務省出身で、2003年に知事に初当選し5期目。知事会では与野党の選挙公約を点検する総合戦略・政権評価特別委員長などを務めている。新会長の任期は21年9月までの2年間。

 会長選は、5人以上の知事から推薦されると候補者となり、複数の場合は投票で決まる。現会長の上田氏は、今月25日の埼玉県知事選に立候補しなかった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索