日韓外相、米で27日会談 徴用工、優遇除外を議論

 茂木敏充外相と韓国の康京和外相が、米ニューヨークでの国連総会出席に合わせて27日午前(米東部時間26日午後)に会談する日程が固まった。日本外務省が24日発表した。韓国人元徴用工訴訟問題や、日韓両国が輸出管理の優遇対象から相手国を除外した措置を巡り意見を交わす見通しだ。

 11日の内閣改造で外相に就任した茂木氏が康氏と会談するのは初めて。日韓間に歩み寄りの兆しが見えない中、外交当局間の意思疎通の継続を確認する狙いがある。

 茂木氏は、元徴用工訴訟問題で被告日本企業に実害が及ばない解決策を改めて要求する方針。GSOMIAは維持すべきだとの考えを伝えるとみられる。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る