首相、桜見る会「国会説明当然」 夕食会費、事務所が対応

首相、桜見る会「国会説明当然」 夕食会費、事務所が対応

 安倍晋三首相は15日、自らが主催する「桜を見る会」に関し「政府としては国会から求められれば、説明するのが当然だ」と官邸で記者団に述べた。首相後援会が前日開いた夕食会の会費を巡り、野党が公選法や政治資金規正法違反の可能性を指摘していることについて「事務所の方で対応していると聞いている」と語った。

 桜を見る会を巡っては、野党が衆参両院で首相が出席する予算委員会集中審議を開くよう要求している。

 首相後援会は夕食会の会費を参加者から5千円徴収していた。野党は夕食会会場のホテルが最低でも1万1千円と回答しているとして「差額はどうしたのか」と追及している。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る