都選管、収支報告書を公表 大型選挙なく最も低い額に

 東京都選挙管理委員会は20日、2018年分の政治資金収支報告書を公表した。記録が残る過去30年間では収支共に最も低い額となり、収入は118億2100万円、支出は118億1200万円だった。都選管は「大型選挙がなく、寄付が大幅に減っているのが原因」としている。

 都選管によると、収入の内訳では寄付が最多の約4割を占めたが、前年に比べ約25億円減少の44億5900万円だった。一方、政治資金パーティーは164団体が334回開催。収入は13億7500万円に上り、収支報告書への記載が義務付けられた1993年以降で団体数、回数、収入額が、いずれも最多だった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る