自民・二階氏「賢明な判断」 立民の逢坂氏「回避され安堵」

 自民党の二階俊博幹事長は22日、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効回避に関し「韓国が賢明に判断した」と歓迎した。党本部で記者団の質問に答えた。公明党の山口那津男代表は、対話による問題解決を求めた。

 山口氏は記者団に「対話を通じて日韓関係改善を図っていくという努力が重要だ」と強調。

 立憲民主党の逢坂誠二政調会長は「失効が回避されて安堵している。引き続き冷静な話し合いを続けてほしい」とのコメントを発表。国民民主党の玉木雄一郎代表は「好き嫌いは抜きにして、日米韓の安全保障上の連携は、地域の平和と安定にとって不可欠な要素だ」とツイッターに投稿した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る