政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は29日、大都市の歓楽街で感染を拡大させないため、感染が広がる兆候をいち早く検知し、対象を絞って重点検査や営業短縮を要請するよう求める提言をまとめた。分科会の尾身茂会長は記者会見で「気楽にお店の客や従業員が相談できる環境づくりを進めてほしい」と政府や自治体に対応を求めた。

 分科会は既に、東京都新宿区の歌舞伎町など全国5カ所の歓楽街を対象にした中間解析の結果を公表。飲食店などを対象にした重点的な検査や営業時間の短縮による人出の減少が感染者の減少に役立ったことを明らかにしている。