東京都の小池百合子知事は25日、新型コロナ感染者の増加を受け臨時記者会見を開き、島しょ部を除く都内全域を対象に、酒類を提供する飲食店やカラオケ店に今月28日から12月17日までの20日間、営業時間を午後10時までとするよう再要請すると表明した。応じた場合には1事業者当たり40万円の協力金を支払う。都内での時短要請は9月15日以来。

 都内は今月に入って1日当たりの感染者数が500人台の日も目立ち、重症者数も25日時点で緊急事態宣言解除後としては最多の54人に上っている。小池氏は「できるだけ外出を控え、外出する際は感染予防の対策を万全にしてほしい」と述べた。