岸防衛相は24日のオースティン国防長官との電話会談で、沖縄県・尖閣諸島が米国による防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用対象だと確認した。