島根県の丸山達也知事は25日、東京都内で記者会見し、新型コロナウイルス感染拡大地域に比べて島根のように感染を抑えている地域への財政支援が少ないとして、感染非拡大地域への飲食店や関連事業者への支援金制度の創設を要求した。現状での東京五輪開催に反対し、聖火リレーの中止意向も重ねて示した。

 丸山氏は「第3波の検証を踏まえた対応力の向上がない中では東京五輪の開催を良しとすることは難しい」と強調。感染拡大地域との格差が是正されれば「聖火リレーを盛り上げていくというふうにしたい」と述べた。