菅義偉首相は2日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルスワクチンの接種本格化に伴い予算が不足した際の追加負担について「今後の接種状況を注視しつつ検討していきたい。かかった費用は全部国が責任を持つということだ」と強調した。