過去最大の一般会計総額106兆6097億円となる21年度予算案は2日の衆院予算委で、与党の賛成多数により可決された。同日午後の本会議で可決、衆院を通過する見通し。