政府は16日、新型コロナ感染症対策本部会合を首相官邸で開き、まん延防止等重点措置の対象に埼玉、千葉、神奈川、愛知の4県を追加すると決めた。期間は20日から5月11日まで。既に始まっている東京、大阪などに加え、適用は計10都府県となる。政府は、比較的若い世代でも重症化しやすい変異株の割合が増えていることを警戒。連休で人の移動が活発化すると見込み、感染拡大地域との往来自粛を求める。

 全国の感染は14、15両日、4千人を超えた。政府の感染症対策分科会の尾身会長は16日の衆院厚生労働委で、緊急事態宣言の必要性について「来週以降、最終的に判断すべきだ」と主張した。