福岡県は19日、新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、福岡市内の飲食店などを対象に、営業時間を午後9時までに短縮するよう要請することを決めた。期間は22日から5月19日までの4週間。要請に応じた事業所には、中小企業は1日当たり2万5千〜7万5千円、大企業は最大20万円の協力金を支給する。

 県民に対する不要不急の外出自粛や、事業者へのテレワーク推進なども要請する。

 福岡県は県全域の時短要請を3月21日までで解除していた。ただ、4月14日に150人超の感染を発表。その後も5日連続で新規陽性者数が100人を超え、経路不明率も上がり、変異型の確認も増えている。