新型コロナウイルス感染の急拡大が続く大阪府は20日に対策本部会議を開いて政府に対し緊急事態宣言発令を要請することを正式決定し、同日中に伝達する。吉村洋文知事が19日、府庁で記者団に方針を表明した。兵庫県の井戸敏三知事も「大阪と同一歩調を取った方が良い」と話した。東京都は22日に開催するモニタリング会議で、専門家の意見を聴いた後に判断する方針。

 加藤勝信官房長官は19日の記者会見で、要請があれば速やかに検討するとの認識を表明。「大事なことは感染の拡大を防止するため、実効性のある対策をどう講じていくかだ」と述べた。政府が発令を決定すれば、いずれも3度目。