東京都の小池百合子知事は6日午後、新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言について「解除できる状況にはない。期限の延長が必要だ」と述べた。都内の感染状況を分析するモニタリング会議後、報道陣の取材に答えた。

 小池氏は、都内で変異株が急速に拡大していることなどから、宣言に伴う休業要請などの措置は「緩める状況にはない。引き続き対策を講じる必要がある」として、現状の内容で継続すべきだとの認識を示した。