愛知県の大村秀章知事は6日の記者会見で、新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置の期限延長を政府に要請したと発表した。当初は11日までだった。対象区域は現行の名古屋市のほか、12日から周辺25市町村を加える。延長期間は未定。

 大村知事は「連休中も感染者の増加傾向に歯止めがかからなかった。医療提供体制が逼迫すれば、さらに厳しい措置も検討せざるを得ない」と述べ、今後の緊急事態宣言要請の可能性も示唆した。

 愛知県西部の尾張地方のうち知多半島を除いた市町村が対象となる。県は既に対象区域外の飲食店にも午後9時までの時短営業を要請している。