新型コロナウイルスの緊急事態宣言の対象に福岡県が追加見通しとなったことを受け、服部誠太郎知事は7日「国の強い判断を受け止めざるを得ない」と話した。「県内の感染状況には地域ごとに大きな差があるため、まん延防止等重点措置を要請していた」とも述べ、県内全域が一律に対象となる宣言の適用を望んではいなかったこともにじませた。同日午前、報道陣の取材に応じた。

 福岡県は、国に緊急事態宣言の発令を要請していない。服部氏は、西村康稔経済再生担当相から「広域的に感染防止を図る観点から、宣言を発令したい」と6日に告げられたと説明した。