沖縄県の玉城デニー知事は7日の記者会見で、大型連休中、新型コロナウイルス感染防止を呼び掛ける中で自身が親族らとバーベキューをしていたとして、批判を受けたことに「不快な思いをさせてしまったことには反省したい」と陳謝した。玉城氏はツイッターにバーベキューをするとの趣旨の投稿をし、問題視する声が強まっていた。

 県は11日まで「まん延防止等重点措置」の期間中。「屋外のバーベキューでの感染事例も確認している」として、県民に飲食につながるイベント自粛を呼び掛けている。

 玉城氏は、自粛を求めているのは「見知らぬ方との飲食」だとし、今回はこれに当たらないと強調した。