立憲民主党の枝野幸男代表は10日、菅内閣に対する不信任決議案について、新型コロナウイルス感染が拡大する中での衆院解散・総選挙を誘発しかねないとして、現状では提出できないと記者団に表明した。「提出したら解散すると(菅義偉首相は)明言しているので、提出できないと思う。現状で解散できる状況ではない。総選挙できるとは思っていない」と述べた。

 これに関連し、国民民主党の玉木雄一郎代表は記者団に「出さないと決めつける必要はない。政府に不十分なコロナ対策の変更を促すことにつながる」と指摘した。