菅義偉首相は10日の衆院予算委員会集中審議で、新型コロナウイルス緊急事態宣言の延長と対象拡大について「専門家の理解を得て、政府として判断する。最終判断の責任は全て私にある」と述べ、重ねて理解を求めた。立憲民主党の枝野幸男代表は感染を抑え込めない政府対応に関し、首相の姿勢は専門家への責任転嫁だと非難した。東京五輪・パラリンピック開催と感染症対策の両立は「不可能と言ってもいい」と指摘した。

 五輪開催を巡り、首相は「選手が安心して参加できるようにし、同時に国民の命と健康を守っていく。これが基本的な考え方だ」と説明した。