厚生労働省は12日、2月の生活保護申請は1万7424件で、前年同月と比べて8.1%増えたと発表した。前年同月からの増加は6カ月連続。2月には新型コロナウイルス緊急事態宣言が最大11都府県に発令されており、感染拡大による厳しい雇用情勢の影響が出たとみられる。

 2月から生活保護を受け始めた世帯は1万6518世帯で、前年同月比で9.8%増えた。