立憲民主党と共産党は14日の衆院内閣委員会を途中退席した。国内の新型コロナウイルス感染状況を「さざ波」と表現した内閣官房参与の高橋洋一嘉悦大教授の出席がなければ審議できないと主張した。退席後、立民の今井雅人野党筆頭理事は記者団に「高橋氏が出席しない限りは審議に復帰できない」と表明。高橋氏の参与辞任を求めていく考えも示した。立民の安住淳国対委員長は自民党の森山裕国対委員長と会談し、高橋氏の国会出席を要求した。

 高橋氏は、国内の新型コロナ感染状況についてツイッターに「この程度の『さざ波』。これで五輪中止とかいうと笑笑」と投稿した。