まん延防止等重点措置が適用されている岐阜県は15日、新型コロナウイルス対策協議会を開催した。古田肇知事は会議で、感染確認が9日連続で100人を超えたとして「国に対して緊急事態宣言の発動を積極的にお願いしたい」と述べた。終了後、記者団に「特にちゅうちょすることもない」とし、15日中に連絡する考えを示した。

 会議では、感染状況や防止策を確認。経済支援策として、飲食店に酒類を納入する事業者やタクシー会社、運転代行業者に一律10万円、宿泊施設などは規模に応じて40万〜200万円の一時支援金を支給する方針を決めた。