外務省は17日、イスラエルとの戦闘が激化するパレスチナの自治区ガザと周辺の危険情報を最高度の「レベル4」(退避勧告)に引き上げたと発表した。現地に滞在する邦人に退避を促すとともに「渡航はどのような目的であれ、やめてください」と呼び掛けた。引き上げは16日付。

 危険情報では、ガザを実効支配するイスラム組織ハマスのロケット弾発射に対し、イスラエル軍が大規模な空爆を継続している上「今後、地上部隊が侵攻する可能性もあり、流動的な事態が続く」と警告。検問で移動が制限されるため、日本大使館による迅速な邦人保護は困難だとした。

 ガザ地区への退避勧告は14年7月以来。