加藤勝信官房長官は23日のNHK番組で、緊急事態宣言下でも東京五輪開催は可能と発言した国際オリンピック委員会(IOC)のコーツ調整委員長と同じ認識かどうか問われ、明確な見解を示さなかった。「五輪があるかないか別として、感染を徹底的に抑え込み、それを継続させる努力が大事だ」と述べるにとどめた。

 五輪開催により国内の感染が拡大する懸念に対しては「(海外から)来る人を抑え、感染対策をして最小限に抑え込んでいく」と説明。同時に「ワクチン接種を早期に進め、より一層国民の安心を確保する」と話した。