【コーンウォール共同】菅義偉首相は12日、G7サミット2日目の討議で、中国による東・南シナ海における一方的な行動、人権状況、不公正な経済活動は「G7の価値観と相いれない」と述べ、深い懸念を表明した。