【コーンウォール共同】菅義偉首相は12日、英コーンウォールで開かれた先進7カ国首脳会議(G7サミット)で、新型コロナウイルスの起源調査の必要性に賛同を表明した。日本が進めている、新型コロナワクチンを接種会場まで運ぶ「コールドチェーン」(低温物流)整備を多くの途上国が必要としているとして、G7各国で支援していくことも訴えた。

 新型コロナの起源を巡り、バイデン米大統領は中国の研究所からの漏えい説と、動物を介した感染説があるとして、情報機関に追加調査を指示。中国側は反発している。

 首相は台湾のWHO総会へのオブザーバー参加を支持することも強調した。