連合の相原康伸事務局長は17日、自民党の下村博文政調会長を党本部に訪ね、新型コロナウイルス感染拡大が収束しない現状を踏まえ、雇用調整助成金の特例措置を延長するよう要請した。下村氏は「東京都議選や次期衆院選ではそれぞれの考えがあるが、連合の政策は自民党と共通する部分が多い」と強調した。連合は立憲民主党の最大の支援組織で、下村氏は秋波を送った格好だ。

 関係者によると、下村氏は、立民と共産党の協力について「政策や方向性が全く違うのに連携するのは違和感がある」とけん制した。要請後、相原氏は記者団に「今日は政策的な話が主だった」と述べるにとどめた。