全国知事会は19日、新型コロナウイルス対策に関する国への緊急提言を大筋でまとめた。感染力が強いインド株の流行による「第5波」を防ぐため、緊急事態宣言などの解除後も対策の継続を要求。東京五輪・パラリンピックの開催期間中、都道府県境を越えた人の移動や応援イベントで感染が再拡大する懸念があるとして、移動や応援の在り方を早急に検討することも求めた。近く政府に提出する。

 緊急提言は、PCR検査や移動自粛の呼び掛けを強め、第5波を阻止すべきだと強調。五輪開催が感染拡大につながらないよう、来日する関係者の行動管理の徹底やボランティアへのワクチン接種も求めた。