共同通信社が19、20両日に実施した全国電話世論調査によると、東京五輪・パラリンピック開催で、新型コロナウイルスの感染が再拡大する不安を聞いたところ、「ある程度」を含め「不安を感じている」との回答が計86.7%に上った。五輪を「無観客で開催するべきだ」が40.3%、「中止するべきだ」は30.8%、「観客数を制限して開催」が27.2%だった。ワクチン接種に関する政府のこれまでの取り組みについては68.0%が「遅いと思う」と答えた。

 菅内閣の支持率は44.0%、不支持率は42.2%だった。

 回答は固定電話548人、携帯電話547人。