菅義偉首相は25日、東京五輪柔道男子60キロ級で日本勢初の金メダルを獲得した高藤直寿(28)に公邸から電話し「金メダル第1号、本当におめでとうございます。粘り強い闘いで、勝利への強い執念を感じた」と祝福した。

 高藤が2016年のリオデジャネイロ五輪で3位に終わり、今大会で雪辱を果たした経緯を踏まえ「5年間の努力を実らせての金メダルだった。本当に大変な道のりだったと思う」と言及。「試合後に正座して一礼し、畳を下りた後の男泣き。今までの努力に、多くの皆さんが感動したと思う」とたたえた。