東京都の小池百合子知事は28日、都内の新型コロナウイルス感染者が27日に過去最多の2848人に上ったのを受け、ワクチン未接種の若年層で重症や中等症の患者が増えているとの認識を示し「まず若い方にもワクチンを打ってほしい。若い方の行動パターンが鍵を握っている」と述べた。都庁で報道陣の取材に答えた。

 小池氏は「職場や大規模会場などさまざまな形で接種を進めている」と強調。菅義偉首相に要請してワクチンの確保に努めていると説明した。さらに感染者向けに自宅療養、宿泊療養、病院のそれぞれで対応を進めているとして「必要な人員や施設、病床はさらに拡大する」とした。