岸信夫防衛相は30日、オースティン米国防長官と電話会談した。厳しさを増すアジアの安全保障環境に対応するため、緊密に連携し、さまざまな手段を組み合わせて日米同盟の抑止力、対処力を一層強化する方針を確認した。中国が軍事力を拡大している東・南シナ海情勢についても意見交換した。会談後、岸氏が防衛省で記者団に明らかにした。

 オースティン氏はシンガポール、ベトナム、フィリピン歴訪について説明。岸氏は「米国がこの地域の安全保障に深く関与することを明確に示す大変意義深いものだ」と高く評価した。