沖縄県の玉城デニー知事は2日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先、名護市辺野古の埋め立て予定海域でのサンゴ移植許可撤回を巡り、防衛省が取り消しを求めて農相に審査請求したことについて「県の正当性を主張する」と述べた。県庁で報道陣の取材に答えた。

 玉城氏は「許可撤回は水産資源の保護培養のため必要で、関係法令に基づいた適切な対応だ」と強調。県水産課は、防衛省側に聴聞の機会を与えなかったことに関し、判断を急がないと一部のサンゴの移植作業が終了する恐れがあり緊急性があったと説明した。