茂木敏充外相は23日午前(日本時間同日深夜)、米ニューヨークで韓国の鄭義溶外相と会談した。元慰安婦や元徴用工などの歴史問題で韓国側の適切な対応を改めて要求。鄭氏は韓国政府の立場を説明し、平行線に終わったもようだ。日本外務省によると、両氏は日韓を健全な関係に戻し幅広い分野で協力できるよう、外交当局間の協議や意思疎通を加速する方針で一致した。北朝鮮対応で緊密な連携も確認した。

 韓国外務省によると、鄭氏は日本の韓国に対する輸出規制強化措置に関し、早期に撤回すべきだと重ねて要求。茂木氏は日本側の見解を示すにとどまった。