岸田文雄首相は18日午前、東京・新橋で飲食店経営者らと車座で対話し、新型コロナウイルスの影響で大きな打撃を受けた経営状況や政府への要望を聞いた。終了後、記者団に「飲食業はわが国の食文化そのものであり、なくてはならない業界だ。希望を持って仕事に取り組んでいただける環境整備を考えていきたい」と語った。

 「安心安全を心掛けながら、平時に近い社会経済活動を取り戻していく」とも表明。今週から京都を皮切りに、新型コロナワクチン接種済証や検査の陰性証明を提示する「ワクチン検査パッケージ」の飲食店での技術実証を開始すると述べた。