総務省は19日、衆院選公示に合わせて18日現在の選挙人名簿登録者数を発表した。共同通信社の試算では、小選挙区の「1票の格差」は最大2.09倍。最高裁が問題視する格差2倍を超えた。