日本維新の会は27日、大阪市内で臨時党大会を開き、代表選の見送りを決めた。大阪市長の松井一郎代表が続投する。大阪発祥のローカル色を薄め、「全国政党」化を目指すため、党規約も改正。党大会に先立つ常任役員会では片山虎之助参院議員の共同代表辞任を了承した。松井氏は後任に馬場伸幸幹事長を指名する意向を表明した。片山氏は、意識混濁の状態にあり職務復帰が難しいとして、議員辞職の手続きに入る。

 衆院選で「改革路線」をアピールし、第3党に躍進した維新にとって来夏の参院選が党勢拡大の試金石となる。候補者擁立を担う馬場氏は「改革には数が必要だ」と意気込みを語った。