自民党の茂木敏充幹事長は4日、国会議員に支給される月額100万円の「文書通信交通滞在費」に関し、臨時国会では日割り支給に変更する法改正を優先すべきだとの考えを示した。「できることを早急に行い、結果を出すことが重要だ」と強調した。野党が求める使途公開については「臨時国会ではまとまらないと思う」として、与野党で合意を得るのは困難との見方を示した。視察先の山梨県南アルプス市で記者団に語った。

 立憲民主党の泉健太代表は福岡市で会見し、日割り支給に変更する法改正に賛成した上で、領収書の添付による使途公開や国庫返納も可能にする法案を独自に提出すると重ねて説明した。