松野博一官房長官は17日の記者会見で、新型コロナウイルスのオミクロン株対策で外国人の新規入国を原則禁止している水際強化措置を巡り、国費留学生87人について例外的に入国を認めると発表した。政府関係者によると、今月下旬にも受け入れを始める。

 政府は「特段の事情」があれば例外的に入国を認めてきたが、オミクロン株発生を受け厳格に運用している。松野氏は会見で、留学生の入国を認める理由について「公益性や緊急性の観点を勘案した」と述べ、卒業や修了に支障が出る場合は許可すると説明した。