政府関係者は17日、まん延防止等重点措置の適用を調整している対象として、首都圏4都県に加え、新潟、岐阜、愛知、三重、長崎、熊本、宮崎の計11都県と明らかにした。